飲食店開業ブログ

飲食業で修行から独立までを目指すブログです。

タイ料理から居酒屋へシフト

こんばんは、ヒロです。

 

昨日のつづきを。

ラーメン屋からタイ料理屋へ 転身して半年が過ぎた頃、オーナーの都合でタイ料理屋から居酒屋でシフトしました。

メニュー構成、原価計算、コンセプトの変更、内装・外観工事、アルバイトの面接・教育など、オーナーを筆頭に全て立ち上げから組み直しました。本当やるべきことが盛り沢山で大変でした。

しかし、自分のお店を立ち上げる疑似体験が出来たのは、私にとってプラスでした。

メニュー構成やコンセプトなども大切ですが、私はお店を作るのは人だと考えているので、特にアルバイトの面接に関われたのはとても良い経験になりました。

 

自分が選んだ人と一緒に働く機会は中々ありません。

このひと大丈夫かな...?なんて人が、みるみる成長して頼もしくなったり、又はその逆もあります(笑)

 面接だけでは人の本質はわかりません。現場で一緒に働いてみて、見えてくるものなんだと思いました。人は自分の思い通りにはなりません。注意ばかりしていると逆効果です。失敗も数え切れないほどしました。

 

でも分かったことは自らが手本を示し、相手の意思を尊重しなければ人は着いてこないということです。頼んでばかりでは駄目ですね。

 

居酒屋で再オープンし、数ヶ月が経ちました。

ターゲットはサラリーマン男性で、仕事帰りに使ってもらうがコンセプト。お酒を豊富に揃え、串揚げ、おでん、もつ煮込み、お刺身などお酒に合うこだわりの料理に。

これが読みどおり当たり、連日にぎわいました。

 

同じ立地でも業態が変われば、ここまで顕著に差が出るとは思いもしませんでした。

お店も上手く立ち上がったし、売り上げも順調、達成感もあったので、辞めることにしました。

タイ料理に打ち込もうとしていた矢先だったので、内心はポカーンと穴が開いたような気持ちでした。

 

この経験を踏まえ、次は日本人の慣れ親しんだ味を学ぼうと考えを改めました。

 

それから、和食、フレンチ、イタリアンなどを食べ歩きました。だけど何かしっくりきません。

餅は餅屋。焼き鳥屋や寿司屋の様に、深く狭く追求している専門店へ興味を抱きました。

それから、焼き鳥屋、焼き豚屋、寿司屋、焼肉屋、おでん屋などを掘りました。

 

その中で、興味深いお店を発見しました。

牛肉専門のお店で、煮物や焼きもの、タタキに季節の野菜メニューまで揃ったお店でした。焼きものは焼肉屋の様にお客自ら焼くのではなく、職人が焼きます。ビビッと来ました。

f:id:hiiiiiiiiro:20170216232630j:plain

 

食べた翌日には、働かせて下さいと連絡しました。

 

つづきは明日にします。

 

にほんブログ村 企業ブログ 飲食店・宿泊業へ
にほんブログ村