飲食店開業ブログ

飲食業で修行から独立までを目指すブログです。

タイへ

こんばんは、ヒロです。

 

前回の東京で修行のつづきを。

 

ちょうど東京へ来て1年半が過ぎようとしていた頃、海外へ興味を抱きました。

人生1度きり。1度くらい海外へ行ってみたい。

田舎者の若者は、東京でのストレスフルな生活からの現実逃避を余儀なくされていたのかもしれません。

 

計画を練り、3ヶ月後にはバックパックを背負って友人とバンコクにいました。

夜に到着し、地球の歩き方を頼りにカオサン通りを目指しました。

 

初めての海外、見るもの全てが刺激的でした。

片言の英語でやっとこさバスに乗り、なんとかカオサン通りへ。

着くや否や、怪しいお兄さんが「安いから泊まらないか?」と私達に近寄ってきました。

私:これってどうなの?はめられるんじゃない?

友人:夜遅いし宿探すの面倒だし、もう信じるしかないよ。これで騙されたら仕方ない

私:泊まれなかったら困るしね

信じて付いていく事にしました。2人で約540円。結果ぼったくりではなかったのですが、もう散々な部屋でした...笑。

 

一夜を過ごし朝ごはんを食べ、バスでサムイ島へ向かいました。

f:id:hiiiiiiiiro:20170213203002j:plain

南国ビーチで毎日泳いで、昼寝して、食べて寝るだけ。

気に入って食べていたのはグリーンカレーパッタイ、ソムタム、ヤムウンセン。

とにかく辛かったけど美味しかったです。

 

4日ほど過ごし、再びバンコクへ戻りました。男同士3日も一緒に居れば互いに面倒臭くなってきて、不満爆発!

残りの10日間は別行動になりました(笑)。結果的には、それがお互いにとって良い旅になったのは言うまでもありません。

 

1人でアユタヤなどの世界遺産や寺院、市場を巡り、屋台でスープヌードルを食べたりしていました。

タイのラーメンはあっさりしていて、とても美味しかったです。すっかりタイ料理が好きになりました。

 

タイ最終日、カオサン通りを歩いていると後ろから肩を叩かれました。日本なら怖くないのですが、タイだと…。恐る恐る振り返ると、そこにいたのは喧嘩別れした友人でした。世間て狭い(笑)。

最後の晩餐を近くのレストランで済ませ、明朝に一緒に空港へ行く約束をして別れました。

 

空港で残ったタイバーツをすべて使うべく、最後にステーキ屋で乾杯。あの時はこうだった、あそこが面白かった、あれが美味しかったなどなど、話に花が咲きました。

そして、余韻に浸りながら帰路に着きました。

 

この旅で人間的に大きくなったのは確かなのですが、微笑みの国タイのゆるさ加減にすっかり脳が溶けてしまっていました...🌴

 

つづきは次回にしたいと思います。

 

にほんブログ村 企業ブログ 飲食店・宿泊業へ
にほんブログ村